FBS「バリはやっ!」の撮影がありました

放送は9月25日火曜日の予定です。
朝の5時20分から6時半までの番組です。

弊店の登場は、6時20分くらいとお聞きしました~。

レポーターの川崎優さん。テンション高めでした。

ライトを浴びる撮影中の新米「七夕コシヒカリ」。さて、どのようにテレビに映るのでしょうか。楽しみです。

http://www.fbs.co.jp/barihaya/
【バリはやっ!公式サイト】

営業カレンダー 2018年9月

まずは、現在の新米の状況をお知らせ致します。

【新米入荷済み】

佐賀県白石産・七夕コシヒカリ(580円)
佐賀県産・上場コシヒカリ(530円)

【9月入荷予定】

田主丸の古賀さんの米 (中旬予定)
七山コシヒカリ (中旬から下旬)
舞いけだコシヒカリ (下旬)

ゆめぴりか、夢しずく、深山夢しずくなど、10月初旬入荷予定の銘柄も、この暑さが続いた場合、9月下旬に入荷できるかもしれません。

9月のお惣菜は、お弁当になっています。ご飯は、ツヤツヤモチモチ新米の七夕コシヒカリを使用します!

お休みは暦通りです。

9月は何個くらい台風が発生するんでしょうね。稲刈り時期前なので心配です。

ミシン縫い米袋を開けたあとの口の閉じ方 ~セリアでDIY~

近所のスーパーの2階に100円ショップのセリアが出来ました。その記念にということで、アイデアグッズを作ってみました。

作ったのはこちら。

あくまで乾燥や光から玄米を守るためのものです。この状態で肩に担がないようにしてください。

根性のある害虫がいれば隙間をくぐり抜けるかもしれません。害虫に関しては、口がゆるく開きっぱなしの状態よりは多少マシというような感じでしょう。

ですから、専門店ではまずないと思いますが、ご家庭などで同じ30kg米袋に玄米を補充しながら繰り返し使うようなことは、ないようにしてください。

【材料】

セリアの木製角材2P(45×2.5×1.5cm)を2個使います。

道具は釘とトンカチ、アサリのないノコギリ、サシガネ(定規で代用可)です。あとは木の板があれば下敷きにするといいと思います。

この角材の素材は、桐です。非常に柔らかいので切断や釘打ちがしやすく、杉のようにささくれが手に刺さったりすることがありません。

また、4本の角材のうち、3本はこのサイズのまま使いますので、作業がとってもラクです。

出来上がりはコチラ。

側面は残った4本目の角材を使います。長さは57ミリ前後がいいでしょう。55ミリだと真ん中の角材が入りません。

注意点は、米袋によって厚みが違うので、上記のサイズだと挟めないことがあります。そのときは中の角材をカンナで削るといいです。もしくは違う厚みの角材を別に用意するか。あとは縦に木材を嵌め込まずに横にして差し込むかです。この場合、少しゆるい感じになると思います。

【DIY初めての方への今回の作業手順】

まず釘を打つ場所を決めます。

側面の角材も、このときは長いまま使い、組み立てながら、あとで切断してサイズを整えます。部品が小さいと作業が面倒になりますし、指をカナヅチでごっちんする確率が高まります。今回は組み立てながら切断したほうが、ノコギリもまっすぐ切りやすくなります。

釘を打つ場所を決めたら、下敷きにした木の板の上で、軽く釘を打ち込みます。角材の小口でなく、真っ直ぐな板の上で釘を打つことで、フラフラせず、まっすぐ釘を打つことができます。

(注)木材に線が引いてありますけど、引かなくて大丈夫です。裏表間違えて釘を打ち付けてしまったという撮影ミスです(汗)

ある程度打ち込むと、裏側に釘の先が出てきます。

この釘の先を接合する角材の小口にギュッと当てて位置を決めます。こうすることで、馴れない釘打ちでもミスが少なくなります。桐の柔らかさが活きる場面です。

2本釘を打って角材同士を固定したら、今度はもう一本の角材を当てます。サイドの木材の端から端までを57ミリくらいにすると良いです。この写真では56.5ミリに合わせています。

さきほどと同じように釘打ちの位置を決めて

一旦外してから、平らなところで裏側にちょこっと釘の先を出すくらいに打ち込みます。あとは接合予定の木材にグイッと当てます。さきほどと同じく。

釘を最終的に打ち込んだあとに、アサリのないノコギリで垂直に立った角材をガイドにして切断します。木材が柔らかいので切りやすく、力をいれずに綺麗に切れるはずです。ここで「あれ?初めてなのにオレってうまくね?」という充実感を味わうべし。

動画では側面の角材が短いのですが、これは何個も同じものを作っているからです。この作り方だと安全で作りやすく、材料に無駄がありません。

同じように反対側も接合、切断して完成です。

白い釘もセリアで販売しています。60本入りでした。白に塗装してあるということは、手触りが普通の釘よりもソフトになっているということです。

閉じる米袋とのサイズ感の相性が悪ければ、中心の角材を加工するか別物にするかで調整したほうが、外枠を作り直すよりは面倒ではないでしょう。

 

 

屋部商店の7月の営業カレンダーです (2018年7月)

7月の営業カレンダーです。

暦通りの営業日となっております。

台所の日(惣菜&パン)は5日(木曜)、産直お野菜の日は20日(金曜)と、こちらも通常通りの予定です。

「超高い米の塩おにぎり」は7月も「土佐天空の郷・にこまる」を使用する予定です!

十宝草や、むぎ茶、バイオ茶の紹介をしていますが、ふつうに食べているご飯も、当たり前ですが水分量が多く、消化されエネルギーになるときにも水分が発生し、体内に吸収されていきます。熱中症予防にご飯をしっかり食べることは、とても良いことなのです。

https://iko-yo.net/articles/1560
【 熱中症は実は午前中に多い!? 予防のカギは「朝ごはん」 】

かなり蒸し暑くなってきましたので、熱中症に気をつけていきましょう。

営業カレンダー 2018年5月版

キャンペーンが多かったので、早めの告知のために営業カレンダー前倒しで作成しています。

「佐賀米キャンペーン」が始まっています。

佐賀県産米を3キロ以上購入された方に、「おかずのり」または「ちょい置きしゃもじ」をプレゼントしています。

おかずのりのほうが人気があるのですけど、意外にしゃもじも人気あります。シャリ切りしやすい薄型タイプで、背側の中心部に突起があり、横置きしてもしゃもじの先端が浮きます。衛生的。持ち手には「佐賀しろいし米」というプリントが入っています。

「佐賀しろいし米」なんて、かなりの米好き米通じゃないと反応しないワードですよ。にわかファンとは違うということを周りに知らしめるために利用するのも手です。今夏のキャンプ場で、佐賀県白石産・七夕コシヒカリの新米を薪で炊きながら、炊きあがったピカピカの新米を、このちょい置きしゃもじでシャリ切りする姿。見せつけてやりましょう!

もうひとつの「楽天スーパーポイント10%還元キャンペーン」は、楽天ペイアプリでQRコードでの支払いを選ばれた方のみ対象です。事前にアプリ内からエントリーされてください。

ちなみにいつ楽天スーパーポイントが還元されるかというと、8月末にまとめて還元されるそうです。それまではポイントが増えませんのでご注意を。キャンペーン期間は、4月1日から7月末までの予定になっています。貯まったポイントはローソンでも使えますよ。詳しくは下記リンクをご参照ください。

https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2018/0401_point10/
【利用者数No.1記念!ありが10キャンペーン!】

 

新ルールの創設

屋部商店に新しいルールができました。
とはいえ、お客様には関係があまりありません。
内々のルールです。

その新ルールは、「紙袋に白菜を五玉も入れない」というルールです。

びっくりしましたよ。まさかあの紙袋に丸々とした白菜が五個も入っているなんて。

お客様のお宅に配達しようと車から出したときに、「ブツッ!」」という音とともに、手提げ紐が取れてしまい、「おお!コレはいかん!」と空中で何度か紙袋を握り直すのですが、そのたびに握ったところから次々と破れていく紙袋。

最後は紙“袋”ではなく、一枚の紙のようになってしまい、白菜五玉がゴロゴロ~ゴロゴロ~と路上に散乱する事態に。

いやあビックリしました。傷がついてしまっているかもしれないので、ダメージが大きいものは返金しますとお客様に伝えて、お店に戻るときにオロナミンCを飲んで帰りました。

米の食味ランキング2017。信頼のおけるお店で買いましょう。

冬季オリンピックも終わり、羽生永世七冠が藤井六段に敗れ、魚沼コシヒカリが連続特A評価を逃し初のA評価という2月でした。

それでも、羽生永世七冠が日本最高の棋士であり、魚沼コシヒカリが日本を代表するお米であることは変わりなく、この絶対的とも言える王者がいないと軸になるものが無くなってしまうよね、という存在感です。

悪天候と新品種の台頭がA評価落ちの原因と言われていますが、スポーツの世界も、将棋の世界も、お米の世界も、次世代の活躍が目立っているように見えました。でも、軸となるのは、やはりベテランです。

さて日本穀物検定協会の米の食味ランキング2017年産「特A」のお米の中で、、弊店で取り扱っている銘柄は以下の通りです。

佐賀県産・さがびより(2銘柄)
佐賀県産・夢しずく(3銘柄)
福井県産・あきさかり
福井県産・コシヒカリ
新潟県佐渡産・コシヒカリ
北海道産・ゆめぴりか

すべて減農薬減化学肥料の銘柄(8銘柄は特別栽培米、1銘柄は自主基準)で揃えています。

同じお米で2銘柄や3銘柄と書いてあるのは、同じ県内でも、それぞれ産地が山側だったり平地だったり、あとは栽培方法が違っていたりというふうに分かれていて、それぞれ特徴があるからです。

各道府県がサンプル米を提出するにあたり、日本穀物検定協会のHPでも「その産地及び品種が正確なことが最も重要であることから、29年産米の供試試料の選定に当たっても、関係者の協力を得ながら、当該品種の道府県内又は、地区内の代表的産地で生産され、かつ、当該品種の特徴の明確なものを選定するよう特に留意しました」と記載されているとおり、各道府県の代表的な産地の「この米が良い出来だ!」と思われるものがサンプルになります。

ですから、「◯◯県産◯◯ヒカリ」といった同じ名前のお米でも、特Aレベルのものと、そのレベルに満たないものがあります。

上の写真は、今回初の特Aとなった「佐賀県産・夢しずく」です。もっと詳しく書くと、佐賀県唐津市相知町で栽培された「あうち夢しずく」というお米です。非常に良い炊きあがりでした。2月くらいになると、新米の時期とは精米圧力の加減が変わってくることが多いので、先日テスト精米とテスト炊飯をしました。満足のいく炊きあがり。美味しかったです。

カレーの写真は先月テストしたときの余りで炊いた「魚沼コシヒカリ」です。今回は特Aの評価を得ず、A評価でしたけど、さすがの姿。というか、これでA評価は少々気の毒。カレーにもすこぶる合いました。

今回の魚沼コシヒカリのことは、ニュースでも度々取り上げられましたが、その映像を見ると、あまりよろしくない感じのご飯も見受けられました。原料玄米が悪かったのか、精米が悪かったのか、炊飯が悪かったのか。

見た目は悪くても美味しいというのは、この特Aを競うようなレベルのお米では、売り文句にも言い訳にもなりません。美味しさと見た目の美しさが合致しないと、名米とはいえません。

幸い、全国には「日本を代表するようなお米を送って!」というオーダーにすぐに応えられるようなお店が、まだまだ全国各地にあり、稲作名人の多くが現役です。特A評価といったニュースに敏感に反応される方は、信頼できるお店を探して購入されることをおすすめします。ぜひ、美味しいお米を召し上がってください。

営業カレンダー 2018年3月

来月の営業カレンダーができました。寒い寒いと思っていたら、3月ですね。

好評のお餅の販売、3月も引き続きやります!

3月17日は、臨時休業日です。ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

3月は娘の卒園式で挨拶をせねばなりません。は~ドキドキ。