七夕コシヒカリ ゆっくり販売開始の予定です。

先週に引き続き、七夕コシヒカリの話題です。明日、入荷致します。

七夕飾り 2016年

店頭には、笹飾り。毎年旧暦の七夕に合わせて、商店街で笹飾りを飾っています。

当店では、お願いごとの短冊をお客さまに自由に書いて頂いております。ワハハッ!

七夕飾り 2016年

明日、入荷した七夕コシヒカリを精米、試食後に販売致しますので、本格的な販売は明後日からの予定です。

ただ残念なことに、先週今週と雨が多く、稲刈りがあまり進んでおらず、初回入荷ぶんの数量が半減しています。来週には追加入荷できるとのことでしたので、なんとか14日から17日のお盆休み前までのご注文に対応できると思います。。

稲の刈り入れ時や、その前後に晴天に恵まれていないと、乾燥作業が非常に大変で、ときに過労死問題などを引き起こします(福岡では以前、麦でありました)。乾燥作業が手間取るうえに、順番待ちの水分含有量の多い穀物が乾燥されずにそのまま放置されると、発酵していき劣化していきます。ですから、連日24時間乾燥作業を続けるわけです。

今の七夕コシヒカリの良いところは、以前のエントリーで紹介した佐賀松浦カントリーと同じエアコンのような乾燥方法で、旧来の燃料を使ったタイプでないこと。24時間体制で火の番をしなくて良いのです。そういった点では、販売するほうも気が楽です。仕上がりもいいですし。

先日あった鶏肉事件や、シシャモ事件、その前に国内であった冷凍食品事件を鑑みると、食品の生産現場で働いている人のメンタルや処遇というのは、もっと重要視していかないといけない時期に入っているのではないかと、一人思っています。食品に限らずにいえば、個人情報漏出の事件の動機も、やはりもの悲しいものがあります。

なるべくなら、当店で販売しているお米は、そういったことと無縁でいたいと思いますし、どちらかが犠牲になるような形ではなく、生産者やお客さま両方が、ふわふわと満足して頂けるお店でありたいです。最近はありがたいことに、そしてどういうわけか、新規のお客さまも多くて忙しくさせてもらっています。

ただ、凡ミスが最近多くて、ご迷惑をおかけすること多々で、本当に申し訳ない状態でした。ご迷惑をお掛けしたお客さまには、改めてお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

いろいろなところでちょっとだけ歯車が噛み合わない連続で、ズッコケたり、そんな毎日で、踏ん張りどころの時期に入っているようです。この時期を抜けたら、今後のお店はおそらく今までとは違う展開になっていくと思います。今までと同じだけど、ちょっと違う。また、そういった試みも徐々に進めています。産地とお客さまと当店スタッフで、「良いお店のかたち」が作れていけたらと思います。

 

七夕コシヒカリ ゆっくり販売開始の予定です。」への2件のフィードバック

  1. 菅原清

    Facebookから、飛んできました。すごく感心し、共感します。これから毎日、バックナンバーを読みながら更新を待ちたいと思います(^^)d

  2. yabeshouten 投稿作成者

    菅原さま > ありがとうございます。お店を営業していると、お客さまのご要望と、産地の事情と、いろいろと自然に勉強になります。
           楽しく物販できるお店を目指して、これからも鋭意励んでまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.