カーボカウントしています(本日の賄い)

カーボカウントは、摂取する食事の糖質量を、秤を使ったり、または目分量で大まかに計算する方法です。

そのためには、ごはん1膳150gの糖質量は55g、六つ切り食パン1枚で30gなど、だいたいの量を覚えておかないといけません(ネット検索ですぐにでますけども)。

そうすることで自分がいまどれだけの糖質を摂るのか把握し、注射するインスリン量を決めるのです。

この投稿をInstagramで見る

本日の賄いです。 ボク自身1型糖尿病ですので、カーボカウント(食事の糖質量を数えます)を毎食行います。 ざっと大まかにですけども。毎食だいたい100g前後の糖質量を摂取しています。 今回はうどん(45g)とおにぎり(19g)×3個。これで100g程度でしょうか。 ちなみに、上記のカッコ内は糖質量です。食品の重量とは違いますので注意してください。 プチトマトにももちろん糖質が含まれていますけど、丸いので糖質ゼロ。そのあとに食べたヨーグルトも、白いので糖質ゼロです。お見逃しください。 ちなみに三枚目の画像は今日の血糖値の変動です。 グレーの枠のなかが目標の血糖値。100から180です。 食後血糖値で180を超えると血糖値スパイクと言われていますけど、200超えしても全く動揺しません。 誤差みたいなもので、インスリンの注射量間違えちゃった!と思うだけです。運動するか、次の食事のときに多めにインスリンを打ってフォローします。 ちなみに糖尿病患者が真っ先に痛めると言われている腎臓なのですけど、日頃の行いが良かったせいか、検査数値は10才年下の最優良レベルでした。大事に使っていきます。 #カーボカウント #糖質 #1型糖尿病 #ウマーベラス #福岡の米屋 #屋部商店 #福岡市城南区

屋部商店さん(@yabeshouten)がシェアした投稿 –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.