血糖値が長時間上昇するケース(それと本日の賄い)

この投稿をInstagramで見る

本日の賄いです。 食前に血から血糖値を計測するようになると、いい数字しか現れないので、なんだかラクですね。 ふだん優秀ぶりをさりげにアピールしていますが、今日は1型糖尿病の失敗談を。 先月、昼食にあるものを食べてから、血糖値がバク上げになり、次の日の昼食まで血糖値が高水準だったお話しです。 夕食を食べて、夜寝る前に追加でインスリンを打ったのですけども、いやあ、下がらなかったですね(笑) このころは食前にインスリンを5単位打てば良く、飛行機に朝から乗る予定でしたので、機内での低血糖を避けるため、その日の朝食はインスリン量を減らしてます。 (これはよくやる手で、今日の昼食前の少し高めの血糖値も、昼食前に歯医者さんに行く予定があったからです。治療中に低血糖で震えたくないですから) ボクのイメージでは、糖質は白いガンダムで、タンパク質は赤いガンキャノン、脂質はメタボのガンタンク。 普段はガンダムにばかり目が行きがちですが、この日の昼食は、ガンタンクの援護射撃が鬼レベルで、そのせいか、ガンダムもガンキャノンも普段以上の働きぶりでした。 そして、次の夕食も、その次の日の朝食も昼食も、ガンダムとガンキャノンは大暴れでした。 脂質には、血糖値を長時間あげたままにする効果があるとは知ってはいましたけど、間食時の血糖値はふだん100くらいだったのが、次の日の昼までずっとプラス50くらいのレベルでした。 ガンタンク、目の前にいないのに、ずーっといるんですよね。遠くから撃ってくる。恐い。 夕方にはいつものレベルまで血糖値が下がって、そのまま維持していたのですけど、晩ごはんで、またおかしなことになりました😅😅😅 . . #脂質に気をつけて #ガンタンクに気をつけて #賄い #まかない飯 #1型糖尿病 #福岡の米屋 #屋部商店 #福岡市城南区

屋部商店さん(@yabeshouten)がシェアした投稿 –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.